みなさま、こんにちは!

 

かなりこのブログご無沙汰してしまいました……

 

えみおわすの春服WEB展以来……

 

あの時は、マーマーなブックスアンドソックスの体制が変わったばかりで

 

そんな中、はじめてのWEB展、そして

 

ほんとうにありがたいことにたくさんのご注文をいただきました。

 

 

1ヶ月で約1,500のお荷物を作りお届けしました。

 

「STAY HOME」が合言葉の世の中で

 

日々発送仕事にあけくれました。

 

その際には(今もなのですが)たくさんの方にメッセージやお手紙などもいただき

 

ほんとうに元氣と勇氣をいただきました!

 

ほんとうにお客様に支えられております。ありがとうございます!

 

 

あれから月日が経ち

 

現在は、鍼灸師なりたてホヤホヤのやまだともみさんに

 

ほとんどのお仕事を手伝っていただきながら(ほんとうにほぼやまださんにお仕事してもらっています…)

 

みなさまの元にお届けしております。

 

 

 

毎年、梅雨は冷えとりを強化するのに、とても重要な時期なため

 

湿気対策、からだの中の新陳代謝をよくすること、

 

この時期に冷えとりをしっかりしておくと、夏本番にバテない、というのは

 

ぼくもほんとうに実感としてあります。

 

これは個人的な考えですが

 

この時期にめぐらせて、滞っているものを出しておくのが重要なのかも、と思っています。

 

さらに今年はコロナの影響もあり、みなさん緊張感などで気づかないレベルでも

 

からだに無理がたまっていることが多いように感じます。

 

なのでぜひこの時期にあらためて冷えとり健康法で

 

ご自身の心身を整え、いつも快調なご自身でいれるようにしていただければ、

 

またそのお手伝いができれば、と思っております。

 

 

加えて今年の7月中旬〜8月下旬までは、小社ではペースを落としてのお仕事とさせていただこうと考えております。

 

春分の体制変更でスローダウンするはずが、様々な理由でここまで走りきってしまいました。

 

また上記の盛夏期間のサイト運営についてはあらためてみなさまにお伝えさせていただきます。

 

 

これからどんな世の中になっても、

 

排毒できる、自分で自分自身を大切にできるそんな風に過ごせていけたら

 

こわいものなし! どんとこい! ですよね。 

 

そんな風にみんなが言えるような世界のお役に立てるショップとして運営できたら、と思います。

 

 

 

 

 

 

(mmbs店主 福太郎)

 

 

 

 

4月10日12時〜19日17時までの間、期間限定で

 

こちらのサイトで「えみおわす 春夏の服展」を開催いたします。

 

 

 

本来でしたら、毎年、美濃に春のおとずれをもたらしてくれていたえみおわすの展示会。

 

 

展示会に来てくださるお客様みなさまが試着の順番をベンチで待ってくださり

 

知らない人同士のお客様でも、互いに褒めあったり、「こっちの色のほうが似合う」とか

 

「それはやめて、こっちのほうがいい」とか、そんな会話が飛び交って

 

ほんとうにお客様とえみおわすの衣たちがつくってくれる雰囲気が素晴らしくて

 

「あぁいい景色だなぁ〜」と眺めていた風景。

 

 

コロナウィルスの影響で、今年はお店での開催ができませんでしたが

 

でもあの楽しいあの風景を、もしかしたらウェブショップであるこのサイトでも

 

できるのではないか? そんなことを思い描いて

 

えみおわすの直樹さんに「ウェブ開催させてください!」と申し出ました。

 

直樹さんに快くうけてくださり、今回の展示が実現しました。

 

 

 

 

お店はオープンできなくても、商品はお店に並べました。

 

なんというか、いつも以上に直にお客様にお会いしているような気持ちで、

 

全国のお客様にご来店いただいているんだという気持ちで、

 

大切な商品をお送りしていこうと思います。

 

期間中、少しずつですが商品をアップしていきます。

 

 

冷えとりグッズや他の商品ともあわせて

 

 

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(福太郎)

 

 

 

 

発送所の引越しをしている時に

 

この梱包材を見つけました。

 

紙を千切りにした緩衝材。

 

 

なんとなく底に入れてみると、鳥の巣みたい! 

 

 

そう思ったらいっきにタイムトリップ!

 

 

 

時間旅行先で出会ったのは木登りをしている9歳ぐらいの少年。

 

 

少年の名まえはF君で、木登りしていたら鳥の巣を見つける。

 

もう巣立った後なのか、卵も鳥も見当たらない……

 

壊れないようにそっと持ち帰る。

 

 

自然のものを持ち帰ることが、悪いことをしているようで……

 

 

誰にも内緒。

勉強机の鍵付きの一番上の引き出しに入れる。

 

 

そこにクリスマスツリーで雪の装飾で使っていた

 

ふかふかの綿を敷き詰めて、小学校のにわとり小屋から卵を1つ拝借して

 

真ん中に置いた。

 

 

ほんとうにヒヨコが生まれると思って

 

家に帰ってくるとドキドキしながら引き出しを開けた。

 

ひよこになる卵ではないことをしばらくしてから知る。

(知るまで卵をかえせなかった自分をけっこうせめた。卵を拝借した罰かもね、F君……)

 

 

そのあとは、その上に色々なものを置いた。

 

透明の様々な色のBB弾、めずらしい牛乳キャップ、スーパーボール、メンコ……

 

どれも宝物。

 

 

 

時間旅行から戻ってくる。

 

 

今自分がやっていることは

 

もしかしたら時間旅行先で出会ったF君と同じようなことかもしれない。

 

いや、それ以上に楽しいことだ。

 

 

鳥の巣の上に宝物を置いて、包んで、そして大切な人に届けている。

 

 

すごい!!

 

 

 

発送仕事をしていると瞑想状態になることもあるし

 

時々違う次元に旅してしまうこともある。

 

 

 

お手元に届いたものが

 

 

 

 

 

 

こんな感じでしたら

 

 

もしかしたらそれは

 

F君がタイムトリップでやってきて、

 

代わりに宝物を包んでいるのかもしれません。

 

 

 

今のぼくの気持ちは梱包はすべてF君に任せられたらいいな! と思います。

 

 

もちろん商品の組み合わせや発送形態によって、梱包方法は様々ですし

 

F君に任せられないことも多々あります。

 

梱包材を使用しないことをご希望のお客様には、なるべく梱包材を使わずに発送いたします。

 

 

いずれの場合も送り先の方を思い浮かべながら、楽しくお送りしています!

 

 

 

元発送スタッフだったやまだともみさんが手伝ってくれるおかげで

 

こんな発送ができているのですが、梱包作業は基本的にぼく一人でやっています。

 

メールやお電話の対応はやまださんが担当です。

 

やまださんは3月に国家試験に合格し、鍼灸師になりました。

 

鍼灸師として、そして今まで得てきた代替医療や冷えとりの知識を生かして

 

みなさんのお役に立ちたいと日々色々と準備しています!

 

冷えとりグッズをご購入いただいた皆さまにはやまださんのチラシも同梱させていただいております。

 

ぜひご覧ください。

 

 

 

 

そうそう、この前は職場体験で近所に住む新中学生のHちゃんも手伝いに来てくれました。

 

 

 

 

Hちゃんの梱包もとっても優しくて楽しかったです!

 

 

 

 

手探りな新体制ですが

想定外だったF君やHちゃんの登場など、なんだかこの先も楽しみです。

 

先行きが不確定な今、みなさまに商品をお送りすることで

 

少しでも生活に健やかさ、朗らかさ、心地よさ、そして希望や光へのヒント、

 

笑いや軽くてゆるんだ空気をお届けできれば、と思います。

 

 

さぁ、発送発送!

 

 

(福太郎)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウィルスの影響がこんな風に拡がっていくのなら

愛もこの影響と同じように、いやそれ以上に拡がっていくものなんだと気づきます。

 

 

 

こんな時こそ!

本日のお昼12時から前回ご好評でした

『春色をプレゼント!』フェアを再び開催しております!

 

 

 

冷えとり健康グッズや小店でお取り扱いグッズは

心もからだも整うもの、内からご自身の力を強くするものばかりです!!

小社発刊の書籍、扱っている書籍も

自分自身に軸を戻し、どんな時も平静で、勇気を持っていられるような知恵満載のものばかり!

と自負しております。

 

その他おまけや梱包にラブ満載でお届けいたしますので

ぜひぜひこの機会に小店をご利用くださいませ!

 

 

 

なおインスタやお知らせにてお伝えしておりますが

春分より発送業務はわたし一人で、

手伝いとメールのご対応などは鍼灸師になりたてホヤホヤのやまだともみさんで

運営しております。

 

お届けやお問い合わせのご返信にお時間をいただくことがあるかと思いますが

なにとぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

(福太郎)

 

 

 

 

 

 

 

今日は発送所の引越しをしながら

 

 

賞味期限のある(と個人的に思っている)珈琲豆をご注文のお客様だけにでも

どうしてもお送りしたくて発送も少しさせていただきました!

(本当はみなさまに一刻もはやく……という気持ちでいっぱいなのですが)

 

 

そうしたらそのお客様は

『超常戦士ケルマデック』もご注文いただいているではありませんか!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい……

 

実はケルマさんがちょうど美濃に遊びに来られていたのですっ!!!

 

 

宇宙タイミングです。

 

 

 

「け、け、け、ケルマさん!!

 

 

こ、こ、こ、こちらのお客様に、に、に、に

 

さ、さ、さ、サインを!!」

 

に快く応じてくださいました。

 

 

 

ご注文いただいたお客様はラッキーです!

 

そしてこの話を共有できるぼくもラッキーです!!

 

 

ちなみにこちらのお客様は『プリミ恥部 あいのことば』もご注文いただいておりました。

 

ケルマさんとプリミさんの夢のコラボですね!

 

 

 

 

こんな時こそ、この世界を選ぶのだッ!!!

 

 

今ッ!!!!

 

 

(福太郎)

 

 

 

 

 

3月20日 春分の日

 

大切な日なので、今日は発送机を引っ越ししました。

 

今度は2階です。

 

しかも物置としてしか使えないと思っていた場所です。

 

でもその場所に居ると、とてもいい感じがすることに気づきました。

 

あたらしい発送作業場所を探している時に、なぜか浮かんだ場所です。

 

「わたしやるよ!」と言ってくれたのかもしれません。

 

「発送所は1階にかぎるね!」と発送スタッフと言い合っていましたが……

 

発送所が2階だった約2年前に

 

「2階に発送所があると、階段の上り下りで働きながらシェイプアップできて

 

とてもいいです!」と言ってくれたNさんを思い出しました。

 

この場所はさらに階段がほんとうに狭いので、ちょっとずつしかお荷物を運べなそうです。

 

でも、それがいいのかも……しれません。おかげで何度も上り下りできます。

 

 

とにかくこの場所であたらしくみなさまへの発送をスタートできることが楽しいです!

 

 

画像は今朝のシアターくわのは(エムエム・ブックス小屋)に生えているもみじです。

 

新芽が出ていました! 朝日に照らされてこうごうしかったです!

 

 

(福太郎)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさま、こんにちは!

 

コロナウィルスの影響で、色々なイベントが中止になっていますね。

 

ぼくたちが住んでいる美濃市でもほとんどのイベントが中止になっています。

 

そんな中、3月9、10日の2日間、小社発刊『プリミ恥部 あいのことば』著者の

 

プリミ恥部さんが予定していたイベントを急遽、無観客ライブにして

 

youtubeで動画配信されました。

 

 

すごく、すごく良かった!

 

我が家にはTVがないのですが、9日の配信を観た後の10日の日なんか、

 

小学校の頃、月9のドラマが楽しみで

 

「はやく月曜の21時にならないかな」と心待ちしていた気持ちが蘇ったようでした。

 

 

動画を観ていてぼく個人の感想としては

 

プリミ恥部さんがプリミ恥部さんをプリミ恥部さんしているのが

こんなにも嬉しくて、こんなにも感動するんだ!ということです

(これは服部みれいがよく言う”わたしがわたしをわたしする”と同義です)。

 

わたしがわたしをわたしすることに精度があるなら

プリミ恥部さんがプリミ恥部さんをプリミ恥部さんしている精度は混じりっけなしだと思います。

 

プリミさんの歌う『愛の讃歌』は大笑いと大泣きを毎回呼びます。

他の人がプリミさんの真似をすると大ゴケします。

笑いも泣きも起こりません。

 

たとえば超厳格な父親がいる娘さんの結婚式で、

プリミさんが愛の讃歌をはなむけに歌っても

絶対にお父さんは感動すると思うんです。

 

でも、たとえばぼくがプリミさん風に歌っても

絶対に怒られると思うし、会場の雰囲気も不穏になると思います。

 

結婚式の話の流れでいくと

ぼくは結婚式のスピーチがものすごく下手なんですが、

なぜか友人代表挨拶などをさせてもらうことがすごく多いです。

うまくいったことがほんとうに一回もありません。

 

なんとスピーチが下手すぎて、

新郎のお母さんに怒られたことが2回もあります!!

式の終わりに新郎新婦の家族が出口で見送りをしてくれるやつを

もうほんとうに申し訳なくて人波に隠れてスルーしたこともあります……。

 

そんなダメダメなスピーチを見ている友人も

なぜかぼくに挨拶を頼んでくるからなぞです。

ある時など「もしかしたら自分の時にいいスピーチができるかもしれない」と思って頼んだ、と言われました。

もちろんそのスピーチも超盛り上がりませんでした。

 

 

なぜスピーチがうまくいかないか、今ならわかります。

 

福太郎が福太郎を福太郎していないからです

 

もういいところを見せようとしてかっこつけたり、老若男女みんなからウケをとろうして無理したり

どこにも福太郎がいません。

 

 

若い時に結婚式などのスピーチの本をめちゃくちゃ読んできましたが、

そのことを書いてくれている本には出会わなかったです!

 

 

きっとぼくは結婚式のスピーチの時だけではなく

日常の至るところで、福太郎ではない”誰か”の瞬間があるんだと思います。

 

だってプリミさんはライブの時だけではなく

お会いする時はどんな時でも

プリミさんがプリミさんをプリミさんしています。ほんとうに。

 

 

このプリミさんのライブ配信のタイトルは

 

『一瞬を自由自在にすごすこと この生き方の技術がこれからの未来では大事になるのでしょうね』でした。

 

 

ちょうど、今読んでいるイサム・ノグチのエッセイの中でも

彼の師匠の一人であるブランクーシについて話しているときにこんなことが書いてありました。

 

ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー

 

ブランクーシから学んだなかで、もっとも重要なことのひとつは瞬間の直接的価値だ。

よくこう言っていたのを思い出す。

「捨て去るべき習作としてものをつくっては絶対にいけない。

今ある自分よりも先に進みつつあると考えては絶対にいけない———なぜならばこの一瞬に全力を尽くすことで、きみは将来なりうるのと同じほどに優れたものになれるからだ。きみがいましていること、それがすべてなのだ」

 

 

(イサム・ノグチ エッセイ みすず書房=刊より抜粋)

 

ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー:ー

 

 

 

一瞬一瞬をわたしがわたしをわたしして生きること

 

ここにおおきなヒントがありそうです!

 

 

 

 

 

 

さて本日3月11日から

『春色をプレゼント! およろこびさまな春の風に乗って靴下をお届け!』フェアを

急遽開催しております!

 

 

3月15日までの期間中、

 

春色のソックス(正活絹さんの綿ソックスです!)をプレゼントさせていただく! というフェアです。

 

こんな時期ですから、どんな時もみなさまの足元から暖かく明るく! を応援しよう! と急遽開催を決めました!

 

(お届け方法がゆうパックのお客様が対象となります詳しくはコチラ

 

 

 

 

 

 

 

あぁ

 

結婚式のスピーチネタで、もう1つ思い出しました。

 

よっぽど結婚式のスピーチがトラウマなのか、

 

統合ワークの並木良和先生にも

 

「結婚式のスピーチは事前に用意しないほうがいいですか?」という間抜けな質問したことがあります。

 

並木先生は即答で「うん、ぼくはしない」と。

 

準備したものをただしゃべるだけって、聞いている方もなんかつまんじゃないじゃん!

 

準備してもその場に立った時に違うことを話したい!ってことも多いし、

 

そこの場所に立てば(スピーチする場所)、なにをしゃべるか、そこでわかると思う。

 

準備するとどうしても頭で話したり、緊張したりしちゃう

 

そうじゃないハートで話すの。

 

ハートから湧き出てきた話したいことを話してごらん。

 

みたいな話をはちきれんばかりの光とともに与えてくれました。

 

並木先生を思い出すだけで、大きな愛に包まれるよう、金色気分になります。

 

 

 

 

もしも

 

 

もしもこれからスピーチ依頼がきたら

 

 

 

福太郎が福太郎を福太郎したスピーチをします!

 

 

どんなスピーチになるのでしょうか。

 

自分でも楽しみ。

 

 

ぜひとも、みなさまも”○○が○○を○○する”

○○にご自身のお名まえを入れて、楽しんでみてください!

 

 

 

 

(福太郎)

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む >>


カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

カテゴリー

アーカイブ

あたらしい記事

プロフィール

サイト内検索